共用?専用?どっちがピッタリサーバー

共用サーバー

共用サーバーとは、その名のとおり他の人と共有してサーバーを使うということです。
専用サーバーと比べると月額料金も安く済むことはもちろんのこと、どちらかといえば個人で使う場合は共用で十分なことが多いかと思います。

 

多くのユーザーは、レンタルサーバーに費用面でのお得さとサポート面の充実、安心して使えることなどを考えていると思います。
共用のサーバーは、月額料金を負担すれば、トラブルが起きたときのサポートもしてくれますし、専門的なことも自分でしなくてよいという点から多くの個人や、専門分野に長けている人材がいないような企業に利用されているようです。
やはり、管理が楽ということで人気のようです。
デメリットというと、そこまでのデメリットとはいえませんが、専用サーバーに比べて安定しないという話も聞きますがそこまで問題はないと考えてよいでしょう。
私見となりますが、費用面や気軽さなどを考慮しても多くの場合が共用サーバーを選ぶのではないかと思います。

 

共用サーバーは、住まいでいえば集合アパートのようなものと考えればいいでしょう。
専用サーバーは、一戸建て。
費用は安く済むが、ときには不都合が生じるかもしれない。
専用はやや高額になるが、独占して使用することができる。
住まいも同じで、お金があっても集合アパートを選ぶ人もいれば、無理してでも一戸建てを選ぶ人もいるでしょう。
そのような違いと思って下さい。
それぞれにメリットもデメリットもあるというわけなのです。